最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方

重要事項説明とは何か

不動産に関する専門家と言えば、宅建資格者になります。
不動産業を営むのであれば、必ず店舗に1人は、宅建資格者がいることになっています。
試験でも、借地借家法が問われ、不動産全般の専門家でもあるでしょう。
もちろん、賃貸に関しても同様です。
そういう宅建資格者は、仲介をする際、義務付けられていることがあります。
これは、独占業務でもありますが、それが重要事項説明というものです。
賃貸に関しては、重要なことが多々あります。
たとえば、間取りであったり、あるいは、場所であったり、当然、家賃も含まれます。
そういう賃貸契約に関する重要なことを借主となる人に説明することになっています。
一般的には、不動産管理会社の事務所などで、契約書を前にして、説明することになるでしょう。
納得できれば、署名などをすべきでしょうが、仮に疑問点があれば、納得行くまで尋ねてみるべきです。
それで了解できなければ、別の賃貸物件を探すことも厭わないようにするのが、大切でしょう。
なお、重要事項とともに、特別事項というものがあります。
重要事項が賃貸契約の核のような部分であれば、特別事項は付随的なものです。
賃貸契約でも、特約を設けることができますが、それに該当するものでもあります。
これも、不動産管理会社から説明を受けることが通常です。
物件によっては、ペットの飼育が、特別事項であるケースもあるようです。
これも、重要事項と同様、納得できないことがあれば、きちんと質問することが、大切でしょう。

賃貸関連のお勧め情報サイト♪

Copyright (C)2017最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方.All rights reserved.