最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方

更新時に火災保険

住めば都という言葉があります。
一旦居住すれば、そこは都のように自分にとっては、華やかな場所となることの譬えでしょう。
これは、現代にも当てはまることでしょうが、どうにもしようのない状況下に住んでしまうことも、確かにあるかと思います。
けれども、一旦住み出し、慣れてしまえば、なかなか引越しできないことは確かです。
これは、賃貸物件においても当てはまります。
仮に長く居住しなければ、契約の更新をすることになります。
それが更新料です。
これについては、いろいろな見方があり、憲法判断まではなされていませんが、一部の裁判所では、更新料が違法であるとの判決も出されています。
しかし、オーナーからすれば、更新料があることで、長く住み続けてもらえる保証を得ることができ、なおかつ、諸々の手数料的な意味もあるのでしょう。
今後、どういうようになるのか、不透明な状況ですが、いずれにせよ、現時点では更新料を支払うことで、契約を継続することができます。
通常、2年の延長となり、一か月分の家賃を余計に支払うようになります。
中には、不動産管理会社が更新手数料を請求するところもあり、契約時に確認すべきことでしょう。
また、更新時には、火災保険も更新となります。
賃貸の場合、火災保険に加入することが義務付けられていますが、これも通常2年間の契約となっています。
ただし、入居時に加入することになるとはいえ、保険は賃貸契約とは別扱いです。
更新の際などには、不動産管理会社に支払してしまう可能性もあるため、間違わないようにするのが大事でしょう。

賃貸関連のお勧め情報サイト♪

Copyright (C)2017最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方.All rights reserved.