最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方

マンスリーや定期借家

集合住宅と言えば、今ではアパートよりもマンションの方が馴染みが深いかもしれません。
高さに居住空間を求めている日本では、頑丈な造りのマンションを建設することで、多数の人が住み、なおかつ、災害対策にもなるのでしょう。
もちろん、賃貸についても、同様なことが当てはまります。
そんなマンションでも、短期型のものがあります。
それがマンスリーマンションです。
これは、短期賃貸型マンションとも呼ばれ、その名の通り、一か月ごとの賃貸契約を結びます。
同じ系統として、ウィークリーマンションもありますが、要は、一時的な滞在用のマンションであり、ホテルのような使い方ができます。
このため、改築工事中の家族、あるいは、留学生などが利用しているようです。
短期間だけであれば、一般のマンションよりも、安く済むとの言われもあります。
また、戸建てでも、こういう短期型の賃貸物件があります。
定期借家というもので、契約期間が限定されています。
1年ないし2年間通常であり、その間でしか、利用できないようになっています。
所有物件を一時的に貸し出した戸建てであり、出張で家を空けている、という人が、定期借家として貸し出しているケースが多いようです。
なお、短期賃貸型マンションに似たものとして、リゾートマンションもあります。
これは、リゾート地の所有マンションなどをホテルとして貸し出しているものです。
沖縄などに立地されていることで、広く知られているようです。

賃貸関連のお勧め情報サイト♪

Copyright (C)2017最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方.All rights reserved.