最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方

保証ということ

契約をするには、基本的に本人の同意だけで済むことです。
しかし、不動産のような大きなものとなると、それだけでは済まないようです。
賃貸においても同様であり、基本的に契約では、保証人を立てることになります。
賃貸の場合では、連帯保証人が一般的です。
これは、民法で規定されている連帯保証を根拠とするものです。
連帯保証人となった人は、本人とともに、連帯して債務を負うことになります。
もちろん、本人が基本的に債務を負うことになりますが、仮に家賃を支払えないということであれば、オーナーは連帯保証人に請求することになります。
この際、連帯保証人は、請求を断れない立場であり、本人に代わって支払うようになります。
しかし、連帯保証人は、支払った分を本人に後日請求することができます。
これを求償権と言います。
こういうことから、連帯保証人はオーナーから見た保険のようなものです。
このためでしょうか?
最近では、保証代行会社が介在しないと貸し出しをしないという物件もあります。
その名の通り、連帯保証を代行する会社であり、オーナーからすれば、本人が支払不能となっても、確実に家賃が取れるため、代行会社を利用することを好むのでしょう。
借主としては、代行会社が介在しない借りられない物件については、ローンの信用審査に相当するものを受けるようになります。
それに通らなければ、当該賃貸物件に入居できないことになっています。
なお、法律上では、単なる保証というものがあります。
連帯保証との最大の違いは、請求が来ても断れるということです。
おそらくこの保証を利用している賃貸関係は、あまり見当たらないのかもしれません。

Copyright (C)2017最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方.All rights reserved.