最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方

敷金を抑える

不動産を借りる場合でも、色々なお金が掛かります。
賃貸の集合住宅などでは、前家賃や仲介手数料を支払います。
いずれも、家賃が基準であり、家賃が高ければ、その分、総費用も高くなります。
仮に賃貸契約料を安くしたいのであれば、家賃の安い住まいにすべきでしょう。
しかし、賃貸費用の中でも、誤解を受けやすい費用があることも確かです。
それが敷金になるでしょう。
多くの人が敷金は返って来るものと考えがちですが、実際はそうではないようです。
敷金は担保金に相当し、いわば、修繕のためのお金です。
通常、退去した後、オーナーは該当の部屋をリフォームします。
このための積立金があるらしく。
それを使ってリフォーム代を支払います。
しかし、積立金で間に合わない場合もあり、なおかつ、それまでの退去者が破損したと明らかに認められる時、敷金を充当します。
全額戻って来ないケースもあれば、差額が戻って来ることもあります。
さらには、不足分を請求されることもあります。
こういうケースで、借主と貸主の間で、訴訟などが起きるようです。
金額からして、少額訴訟となり、本人でも訴えることができるようです。
もちろん、訴訟に至らずに、了解しあうこともあるようです。
仮に敷金がリフォーム代に利用されたのであれば、きちんと細目を確認しておくことが大事でしょう。
なお、敷金は、原状回復のためのお金でもあるようです。
借主は、それを義務として行い、法律上の善管注意義務を根拠としているようです。
全く同じにする、という訳ではなく、生活を続けられる程度にしておくことが、最低限のもののようです。
また、建物には経年変化というものがあるため、敷金を充当する際には、これも考慮すべきであるようです。

Copyright (C)2017最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方.All rights reserved.