最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方

問題が生じた時のために

時折、予期しない問題に巻き込まれることが、人生かもしれません。
少々お説教じみた言い方かもしれませんが、しかし、それが現実でもあります。
日常をつつがなく暮らすことは、非常に大変ことです。
ならば、賃貸物件で、問題が生じた時は、どのようにすればいいのでしょうか?
まず、賃貸であれば、不動産管理会社へ連絡することでしょう。
仮にマンション住まいであれば、通常、オーナーが管理しているのではなく、不動産管理会社がマネージメントしています。
苦情窓口を設置しているところもあり、必ず連絡先を教えてくれます。
何かあれば、最初に連絡するところは、不動産管理会社です。
次に、オーナーに直に連絡することも可能でしょう。
特に、オーナーが同じ敷地内に住んでいるような賃貸マンションであれば、部屋を訪ね、直接訴えることもできます。
また、国民生活センターの相談することもできます。
解決までのアドバイスしかできないかもしれませんが、何らかのヒントになる可能性があります。
あるいは、所在地を管轄している役所に相談することも可能性です。
時と場合によっては、一歩踏み込んだ対処をしてくれることも考えられます。
以上のほか、本格的な対応としては、裁判所になるでしょう。
金額にもよりけりですが、賃貸であれば、少額訴訟がケースとしては、多いかもしれません。
また、最悪の場合と言えるのでしょうが、警察を呼ぶことも、市民である以上、当然可能性です。
その場合、刑事事件相当になるのか否かを判断することが大切ですが、あまりにも、許せないようなことであれば、まずは警察が用意している相談窓口に連絡してみることも、一つの方法です。

Copyright (C)2017最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方.All rights reserved.