最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方

知っておくべき賃貸用語と重要点

住まいの形態には、購入と賃貸物件があります。
前者には戸建てと分譲マンションがあり、後者には戸建てとともに、賃貸マンションが含まれます。
どちらにもメリットデメリットがありますが、多くの人が住んでいることは確かでしょう。
けれども、不動産関係には、特有の用語などがあります。
宅建資格を目指すのであれば、そういう不動産用語を知っておく必要があります。
また、一般の人であっても、不動産と関わる場合には、ある程度の専門用語を知っておくことも大事でしょう。
そんな中でも、賃貸用語にも、独特のものがあります。
もちろん、不動産に関わるものであり、不動産用語の一種です。
仮に不動産にかかったことがあれば、ご存知の方も多いことでしょう。
たとえば、礼金というものがありますが、これは言葉通りのお金とも言えます。
明治時代頃に出来上がったようですが、地方から東京の大学に通うために下宿をすることになった学生の親が、大家に対し、お礼の意味を込め、収めたお金が礼金の始まりのようです。
このように、不動産関連の中には、法律に関係した用語や慣習から生まれたものもあります。
あるいは、そういう用語伴う行為も、法律上の規定そのものであったり、あるいは、不動産業界で培われた慣習的な行為もあるようです。
ちなみに、慣習は法律の中で取り込まれるものであり、慣習で決まっていれば、それが尊重されることになっています。
しかし、あまりにも不合理すぎるものであれば、違法とされるようですが、一般的に商慣習は、商法の前に適用されるようです。
いずれにせよ、賃貸関係には、色々な用語があり、なおかつ、賃貸に関わる重要点などもあるようです。
結局は、金銭関係によって、他人の所有物を借りることが賃貸ですが、そうであるからこそ、知っておくべきこともあるのでしょう。
このサイトでは、そんな賃貸に関する代表的な用語を取り上げ、重要点などを鑑みながら説明しています。
ご興味のある方々のお役に立てればと思っています。

賃貸関連のお勧め情報サイト♪

Copyright (C)2017最重要項目はこれ!賃貸物件契約書の読み方.All rights reserved.